商品検索
旅の検索(ホテル名、旅館名など)

審美歯科治療 歯肉整形

審美歯科治療では歯肉を美しくする治療をおこなっています。その治療のひとつに歯肉整形があります。この歯肉整形は歯の健康という観点から見ると違うものかもしれません。しかし、あるコンプレックスを持っている人にとっては、歯肉整形はとても役立つ治療法です。 笑ったときに、歯茎の露出が多いことを、ガミーフェイスといいます。このガミーフェースは笑ったときに、唇のラインが上のほうにあり、歯茎が通常よりも見えすぎてしまう状態をいいます。ガミーフェイスを気にする人は多く、笑顔を隠してしまう原因となっています。 ガミーフェイスとは少し異なりますが、歯茎のラインが凸凹で、バランスが悪い場合なども歯肉整形で改善することができます。歯茎が露出しているわけではありませんが、歯茎のラインがきれいでないために、気にする人が多いようです。 審美歯科治療でおこなわれる歯肉整形は、歯茎を切り取り、歯茎のラインを整えます。歯茎を切り取りますが、麻酔をしているので、痛みはほとんどありません。また縫う場合も、細い糸を使用するので、傷跡も目立ちません。歯肉整形をおこなうことで、自然な歯茎のラインを手に入れることが出来ます。 ハイザック Nリンス (300g) (口臭 臭い(ニオイ) 歯茎 歯垢 マウス マウスウォッシュ 息 歯槽膿漏 歯磨剤 歯磨き粉(ハミガキ)

ハイザック Nリンス (300g) (口臭 臭い(ニオイ) 歯茎 歯垢 マウス マウスウォッシュ 息 歯槽膿漏 歯磨剤 歯磨き粉(ハミガキ)

審美歯科治療 メラニン除去

審美歯科治療では歯肉を美しくする治療をおこなっています。歯肉の治療には、メラニン除去歯肉整形などがあります。歯肉の黒ずみの原因になるメラニンを除去するのがメラニン除去で、歯茎のラインが不揃いだったり、笑ったときに歯茎が出すぎてしまうのを改善するのが歯肉整形です。

歯肉の黒ずみは、メラニン色素が原因となる場合が多いといわれています。このメラニンは、タバコやカフェインなどの直接的な刺激から歯茎を守るために発生します。したがって、タバコを吸う習慣のある人はメラニン色素が沈着しやすく、歯茎の黒ずみが見られます。

審美歯科治療ではメラニン色素が原因となる歯肉の黒ずみを、フェノールアルコール法という方法を使って除去します。このフェノールアルコール法では、薬を使って歯肉の黒ずみを除去します。2回ほどおこなえばほとんどの黒ずみがとれます。この治療をする時は通常は麻酔はなくても大丈夫です。

審美歯科治療で、いったん歯肉の黒ずみを除去できますが、1年ぐらいで歯肉の黒ずみが再発してしまうことも多いようです。歯を清潔に保つことはもちろんのこと、歯茎のケアにも気をつけることが大切です。

審美歯科治療 歯列矯正のメリット

審美歯科治療でおこなわれる歯列矯正で、どのようなメリットが得られるのでしょうか?歯列矯正をすることは見た目を良くするだけではなく、歯並びや噛み合わせが良くなることで、身体に良い影響があると言われています。

歯列矯正をすることで、歯並びや噛み合わせが改善し、見た目が大きく変わることがあります。大きく口を開けて笑えなかった人が笑えるようになったり、噛み合わせが改善したことで、以前よりも力が入るようになったという例もあります。

歯並びや噛み合わせが改善すると、虫歯や歯周病などの病気も改善することがあります。歯並びが悪いために、歯磨きが上手くできず、虫歯になってしまったという経験をしている人も多いはずです。また口の中が清潔に保たれないために、歯周病菌が繁殖してしまったり、そのためにまた虫歯になってしまったりという悪循環になっている人も多いと思います。その他にも、いびきや歯ぎしり、舌足らずな話し方が改善することもあります。

審美歯科治療でおこなわれる歯列矯正は、見た目だけでなく、虫歯などの歯の健康面に大きな影響を与えます。歯並びが悪いなどの外見上のコンプレックスを解消し、歯の健康も取り戻せる歯列矯正は、心身ともに豊かにしてくれるものなのです。

審美歯科治療 歯列矯正とは

審美歯科治療では歯列矯正という治療が行われます。歯には、力が加わると、その方向に動くという性質があります。その性質を利用して、口の中に矯正で使用する器具を入れ、その器具が歯に対して一定の力をかけ続けることで、歯を動かします。この歯列矯正をすることで歯並びの悪さや、かみ合わせの悪さを解消することができます。

審美歯科治療でおこなわれる歯列矯正は、削った歯の上にジャケットクラウンと呼ばれるセラミックで出来ているさし歯のようなものをかぶせたり、ラミネートベニアと呼ばれるものを貼り付けたりする方法があります。しかしこれらの方法は健康な歯を削ることになるので、時間がかかってたとしても器具を使った歯列矯正をおこなうほうが良いかもしれません。

審美歯科治療で使われる歯列矯正の器具は、現在では歯の裏側につけるものができました。今までの器具だと歯の表面に出てしまい、人前に出る際に気にしてしまう人も多かったようです。今ではそのようなことはないので、出来れば器具を使用した歯列矯正で歯並びを矯正することをおすすめします。

歯列矯正の期間は、個人差はありますが、だいたい2年から3年というが一般的です。3年以上かかる人もいますが、気長に治療を続けることが大切です。また成人よりも子供のほうが歯がよく動くので、歯並びが気になったら子供のうちから歯列矯正をおこなうほうが良いでしょう。

歯の黄ばみの原因

審美歯科治療では、ホワイトニングという方法で歯の黄ばみを白くする治療をおこなっています。歯が黄ばんでくる原因はなんでしょうか?歯が黄ばんでしまう原因をもう少し詳しく説明したいと思います。

歯の表面はエナメル質という半透明の硬い組織で覆われています。そしてエナメル質の中には黄褐色の象牙質の組織があります。このことから分かるように歯の色はエナメル質と象牙質、それぞれの色で決められます。

日本人の髪の毛は黒色、目の色も黒色というふうに、身体の各部分の色は遺伝によって決められています。そしてそれは歯も同じなんです。また年齢と共に歯の象牙質の部分が厚みを増してきます。逆にエナメル質の部分は薄くなります。そのために、年齢を重ねることで、歯が黄ばんで見えるようになってくるのです。

審美歯科治療では遺伝や加齢による歯の黄ばみを白くすることができます。何度もしっかり歯の表面を磨いても、歯の黄ばみが改善しない人は、遺伝や加齢による歯の黄ばみと考えていいでしょう。そういった場合は、審美歯科ホワイトニング治療をおこなうことをおすすめします。ただしそれ以外、例えば外傷などで歯に黄ばみができた場合は、ホワイトニングでは白くならない可能性もあります。まずは診断を受けてみてはいかがでしょうか。

審美歯科治療ホワイトニングとは

審美歯科治療ではホワイトニングという方法で、歯を白くする治療をおこなっています。歯のホワイントニングとは、黄ばんでいる歯を薬の力で漂白する方法です。海外ではブリーチングという呼び方をしますが、意味は全く同じです。

審美歯科治療ホワイトニングを行う人は、黄ばんだ歯を白くすることが目的ですが、どうして歯が黄ばんでしまうのでしょうか?歯が黄ばんでしまう理由にはいくつかあり、加齢や生活習慣が原因だったり、遺伝が原因になることもあります。

歯を白くするには、以前は歯を削って白い歯をかぶせたり、歯の表面に付け爪のようなものを貼ったりするしか方法がありませんでした。しかし審美歯科治療のホワイトニングでは、歯の表面に過酸化水素を主成分とした薬剤を塗って漂白をしたり、個人の歯に合わせて作られたマウスピースにジェル状の漂白剤を入れて歯に装着する方法などで、歯自体を白くすることが出来るようになりました。

審美歯科治療でおこなわれるホワイトニングでは、過酸化水素を主成分とした薬剤を使います。過酸化水素の薬剤と聞くと、身体に悪いのではないかと思うかもしれませんが、決して悪いものではありません。体内に入っても安全で害の無いものということでホワイトニングに使用することが認められています。

審美歯科と美容歯科

審美歯科治療美容歯科とは何がどのように異なるのでしょうか?「審美」にも「美容」にも、「美」という字が付いていますので、普通に考えると、どちらも同じ意味のように思いがちです。しかし実際は審美歯科治療と美容歯科は違うようです。ここでは審美歯科美容歯科の意外と分からない違いを説明します。

審美歯科と美容歯科は同じようなものとして捉えがちですが、実際は異なります。審美歯科は歯の機能回復を重視しつつ、その結果として美しい歯並びや、美しい口元、そして美しい笑顔を手に入れることができることを目的としています。さらに、それを長期間保つことを目的としています。

審美歯科治療には「セラミック治療」、「ホワイトニング」、「ラミネートベニア」など、さまざまな治療法があります。審美歯科はあくまで歯の機能そのものを回復するために行うので、見た目の美しさだけのために行う治療ではありません。また、機能改善が目的なので、美容とは異なり、男女を問わずに治療をおこなっています。

一方、美容歯科は主に美容外科に併設されている歯科での治療を指すことが多いです。そのため見た目に重点を置いている場合が多く、見た目を重視した歯の治療を主におこなっています。

審美歯科とは

審美歯科治療という言葉が、いま注目を集めています。審美歯科治療と通常の歯科治療とはいったい何が違うのでしょうか?またこちらも話題となっていますが、美容歯科審美歯科治療の違いはいったい何なのでしょうか?まずはその辺りを説明していきたいと思います。

審美歯科とはどういう意味なのでしょうか。従来の歯科医は虫歯や歯周病といった歯や歯肉の病気や症状を治すことに重点がおかれていました。しかし、審美歯科は従来の治療から、更に一歩踏み込んで、美しく健康な歯や歯肉を作ることを目的としています。これが通常の歯科治療とは異なるところです。

さらに審美歯科は、美しく健康な歯や歯肉を作ることに加え、美しい笑顔を作ることが出来るようにと考えています。審美歯科により、外見的にも精神的にも、美しい歯、そして美しい笑顔を取り戻すことができて、さまざまな面で良いほうへ働くようです。

審美歯科治療において、歯の健康はもちろんですが、美しい笑顔、そして健康な精神を得ることが出来ます。現代の歯科医療を元に、最先端の技術を集めて、審美歯科治療は行われています。美しい笑顔を手に入れることで、自分に自信を持てるようになることは大変素晴らしいことですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。